IRポリシー

IRポリシー

株式会社ナックは、つぎの方針に基づいてIR活動を行い、株主・投資家の皆さまの信頼と共感が得られる企業を目指します。
1. 迅速・公平な情報開示
金融商品関連法令および上場金融商品取引所の規則に基づき、情報開示を適時・適切に実施します。投資判断に影響を与える重要情報については、すべての市場参加者が平等に人手できるよう努めます。
2. 開示方法
決算短信や適時開示規則による情報開示は、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)での公開後、コーポレートサイトに掲載します。適時開示規則によらない情報も、コーポレートサイト等を通して速やかに開示します。
3. IR機会の充実
説明会の開催や、日々のお問い合わせに対する回答を通じ、株主・投資家の皆さまとのコミュニケーションを積極的に図ります。
株主・投資家の皆さまより頂いた要望・評価は、経営幹部による会社経営の参考とすることはもとより、広く社内に情報共有し、サービス・業績の向上に役立てます。
4. 業績見通しについて
当社で発表する業績に関する見通しは、発表時点で入手可能なデータにおり策定しているものです。様々な要素により、実際の業績がこれらの見通しと異なる場合があります。
5. IR自粛期間の設定
決算情報の漏洩防止のため、決算発表予定日の前1ヶ月間をIR自粛期間といたします。
この期間については、決算に関するコメントを控えることといたします。
page top